WORKS

2018年12月から2019年8月までの間、ふくしま香LINKプログラムという、ふくしまの魅力を香りと音で発信する活動に参加しました。

これは、
TOMODACHIイニシアチブ(米日カウンシルと在日米国大使館が主導する官民パートナーシップ)とAir Aroma Japan(本社、東京)【2019年6月まで】と、BÉLAIR LAB(ベレアラボ)(ロート製薬、本社、東京)【2019年7月から】の企業と福島県出身・福島県に関心のある学生(中学生〜大学生)7名と一緒に、香りと音を通じて福島の復興や魅力を発信する活動。
活動の様子については、こちら【https://www.kaorinomachi.com/】をご覧ください。

8月に行われた活動の最終報告会で私は、短編映画と詩の朗読を行い、訪れた多くの方々に、自分が感じる福島の魅力を伝えることができました。

(この動画は映像を一般には公開しておりません。)
(映像に関してのお問い合わせはフォームからお願いいたします。)


8月5日から7日にかけて、デジタルハリウッド大学にて 浸透展 を開催しました。
デジタルハリウッド大学にてグラフィックに興味がある6名と指導教員1名とで、作品展を行いました。

私は、misterioso(ミステリオーソ)という作品を製作。
ラウンジでは出会いがあり、会話をして次のステージへ行く「人が行き交う空間」。私の作品演出は空間を作り魅せること。既存のラウンジが持つ空間に偏りもなく作品を持ち込み、演出できるかということ。癒しや穏やかになる場所として作る事から「森」というアイディアを思いついた。
森は人の心を穏やかにさせ、風の音や香りが体に入る時に気持ちが変わる。そんな森と言う作品の回りに、癒しを求めて集まる人に作品を見てもらう。
周りから見ると不思議(ミステリー)に見えるように考えたのでタイトルもミステリーにて、人の心理を生かした展示イメージになっている。
また、浸透展開催に伴い、CMとAfter Videoを製作。

東京セカンドキャリアは、東京都が2018年度の事業で展開。都に在勤・在住している65歳以上のシニアを対象に、生涯現役について学び続ける場を設け、生きがいある生活とセカンドキャリアを見つけることを目的にスタートした事業。

112名の1期生を対象に、大学とフリーランスで得た学びと続けられる理由について講演をしました。

参加した生徒からは、「私達も負けないように頑張らなくてはいけないと思った」「大学生でも既に社会で活躍し、さまざまな知見に溢れている人がいてびっくりした。私達が大切にしている文化も伝えたい」などの感想をいただきました。

今後もこのような講演活動を通じ、継続するチカラを伝えていきたいと思います。

【コンセプト】子供達が伝える。

【構成内容】グローバルキャスト様が主催するこども未来グランプリ2018の全国大会につながる地区大会が各地で開かれている。その中で東北地区大会は全国大会に並ぶほどの高い実力をもつ受講生が出場。全国への切符を獲得するために、熱い争いが起きる。

そのような、高い実力をもつ受講生が輝く姿と自信を持って伝えている姿を、PVにしました。

(この動画はクライアント様からの要望により映像を一般には公開しておりません。)

(映像に関してのお問い合わせはフォームからお願いいたします。)

【タイトル】Adobe CC HAL_研究室_スペシャリスト PV Bバージョン

【尺の長さ】36秒

【コンセプト】私たちはできる。

【構成内容】前作とは別に、スペシャリストメンバーとして、Adobe をこよなく愛する 方々をピックアップして紹介する動画です。報道番組や専門家の PV らし い仕上がりになっており、誰もが一目惚れする動画となっております。

【タイトル】Adobe CC HAL_研究室_スペシャリスト PV Aパージョン

【尺の長さ】34秒

【コンセプト】私たちはできる。

【構成内容】前作とは別に、スペシャリストメンバーとして、Adobe をこよなく愛する 方々をピックアップして紹介する動画です。報道番組や専門家の PV らし い仕上がりになっており、誰もが一目惚れする動画となっております。

デジタルハリウッド大学の研究室Adobe CC 研究室のプロモーション映像を制作ました。

【タイトル】Adobe CC HAL_研究室_プロモ PV

【尺の長さ】2分15秒

【コンセプト】オススメポイントをわかりやすく。

【構成内容】Adobe CC の研究室にて今回学祭に出店するということで、メンバーや作 品、オススメポイントをわかりやすく簡潔に紹介する映像といたしまし た。作者と作品がマッチし映像を通じて、作り手と買い手がつながれるよ うな映像構成にしました。